Hey Monkey !!

猿と温泉好きのデザイナー見習いによる緩めの記録

工学部の院生がデザイナーへの就活をした話

みなさま、メリークリスマス!

今日は、12月25日で信大工学部W1F6アドベントカレンダー最後の記事です。

信州大学工学部 W1棟6F Advent Calendar 2018 - Adventar

大トリという大役で、大変恐縮ですが、暖かい目で呼んでください。

 

 

ããããã¨ã ãã¶ã¤ãã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

はじめに

僕は、地方大学の工学部で情報系の研究室に所属する大学院生です。学部生の頃は地元に戻りメーカーのエンジニアとして就職するつもりでいましたが、色々と迷うことがあって、大学院への進学を決めました。大学院でも、さらに迷い続けていたところ「デザイナーになりたい」という思いが出てきて、デザイナーとエンジニア両方を視野に就活をはじめました。最終的にはデザイナーとしていただいた内定を承認し、来年の4月からはデザイナーとして東京にある某IT企業で働きます。

今回はそんな僕の就職活動を振り返り、みなさまに共有できたらと思います。

 

f:id:Snow-Monkey-D-Y:20181222184413j:plain

大まかなスケジュールは上のような感じです。
このスケジュールに沿って説明していきます。

 

学部生の時の就活

学部生の時は大学院に進学することを決めていましたが、企業研究も兼ねて、軽く就活を行なっていました。とは言っても合説に行ったり、会社の説明会や就職系のイベントに参加したりしていた程度で、エントリーシートも書いていませんでした。この時期は主にメーカーのエンジニア・技術営業の職種に興味があり、大手企業を中心にみていて、説明を聞くたびに日本の企業すげぇな〜と思う反面、この会社に入れたとして、俺は何をするんだろう?とイメージがなかなか掴めなかった気がします。

今になって思うと、進学するにしても、何社かいいと思ったところを受けるだけ受けてみとけばよかったなぁと、少しだけ後悔しております。

 

就活の準備

大学院一年の5月くらいから就活の準備をしていました。この時期は職種も業界も悩んでいた時期で、IT業界以外にも様々な業界の職種をみていました。具体的にしたことを箇条書きで並べてみます。

この時期には、調べた内容とこれまでの経験をもとに自己分析を重ね、業種はおおかたIT系があってるんではないかという風に絞れていたと思います。

だけど、まだ職種は固まってなくて、エンジニア・デザイナー・ビジネスのどれもいいんじゃないかと思っておりました。

 

インターンシップ

インターンシップに参加したことが僕の就活の大きなターニングポイントになり、デザイナーとしての就職を決意しました。

この時期に、業界はIT系の会社に絞れてはいましたが、職種で悩んでおり、エンジニア・デザイナー・ビジネスどの職種にも興味があったので、とりあえずインターンシップでそれぞれの職種を体験しようと思いました。

サマーインターンシップ申込

インターンに参加して職種を絞ろうと考えていたので、エンジニア・デザイナー・ビジネスそれぞれの募集を調べまくっておりました。短期中期でそれぞれの職種合わせて7社ピックアップし、全て申し込もうとしてましたが、途中で交通事故にあって入院したため、結果的に4社受けて、1社受かりました。

結果的に受けたとこはこんな感じ。

  • P社:ビジネス(3days)落ちた
  • A社:デザイナー(3days)落ちた
  • Y社:デザイナー(5days)受かった!
  • K社:エンジニア(3days)選考途中で事故って辞退した

ちなみに、デザイナーの選考にはポートフォリオ(これまで作ってきた作品をまとめたもの)が必要です。僕はA社を受ける2日前にポートフォリオの存在を知り、徹夜で作りました笑 ポートフォリオを作った記事もいつか書きたいと思ってますのでまたその時詳しく書きます。

サマーインターンシップ参加

Y社のインターンでは、デザイナーチームの一つにインターン生3人が入り、前半には講義を交え実際の業務でデザイン作成・改善をするときのプロセスを体験しました。後半からは、Y社のサービスの改善提案を作成し発表するものでした。

参加してみて、よかった点は、自分はデザイナーとして働きたいと強く確信できたことです。インターン参加前の希望職種は、エンジニア:30%、デザイナー:40%、ビジネス:30%くらいの感覚でした。インターンに参加した後はデザイナー:98%、エンジニア:1%、ビジネス:1%になってました。

また、それ以上によかった点は、こういう会社で働きたいという大まかなイメージが持てた事です。感覚的な話になってしまいますが、社員の雰囲気とか、働いてる環境とか、会社がどういうことを大事にしているのかにおいて、こういう会社が僕には望ましい!というのが確立された気がします。

それと、インターン後にも社員の人がポートフォリオのフィードバックとか就活の相談にのってくださいまいた。これは、周りにほとんどデザインをやってる人がいない工学部生の僕にとって非常にありがたかったことでした。

ウィンターインターンシップ参加

実は、夏のインターンで落ちたA社が冬も募集していたので、もう一度受けたところ、参加できることになりました。

3daysのインターンで、参加者3人でチームを組んで一人社員がメンターとしてつき、お題に出されたサービスを考えて発表するハッカソン形式でした。

チームで作業を進めていく経験はすごく勉強になりました。また、メンターの人には色々とキャリアの相談にのっていただけたり、参加者同士の情報交換もできてとても有意義な時間でした。

 

本選考

本選考を前に、受ける会社を5社ほどに絞りました。第一志望が1社あり、第二志望群が4社という位置付けをしており、職種は全てデザイナーで考えてました。この時期にポートフォリオも作れるデザイナーの就活サイトViViViTにも登録してみたりしました。(あんまし使わなかったけど)

そして、第一志望の会社がの募集が一番早かったので、準備して臨みました。

準備した内容をリストアップしてみます。

  • ポートフォリオをバージョンアップさせた。
  • 会社のことを調べた(理念とか以外にやってるサービスとか社会貢献とか)
  • みん就を見て選考の様子、聞かれる質問を調べた。
  • 想定した質問に対して、答えられように準備した。
  • 友人に志望理由とかポートフォリオとかの説明を練習した。
  • 会社のイベントに参加して、新入社員の人と話した

 

流れは、こんな感じでした。

ES⇨一次面接(スカイプ)⇨会社説明&社員と面談&WEBテスト⇨二次面接(本社)⇨最終面接

 

面接内容は、一般的な内容に加えて、デザイナーならではのポートフォリオを絡めた質問などがありました。

 

内定

幸い第一志望の会社から内定いただけることができました。大変嬉しい瞬間でした。

 

最後に

長々と体験談を綴りましたが、最後に工学部生がデザイナーで就職を目指すならすべきことをまとめます。

  • 情報は自分から探し、トレンドを追う癖をつける。
  • デザイナーのインターンに参加する。
  • ポートフォリオを意識して普段から作品を作り、まとめておく。
  • デザイン系のアルバイトをする。
  • デザイナーとして働いてる人と知り合いになっておく。

 

 

では、良いお年を!!

国際学会でポスター発表をする際に役立つと思う事をつらつら書いてみた。

国際学会でポスター発表をする機会がありました。
その時の経験をもとに、これからポスター発表をする人に役立つだろうと思ったことをまとめたいと思います。

 

 

準備編

ポスター発表の準備は、ポスターを作って(学会によってはサイズの指定や文字サイズの指定などがあるので、よく調べて作る)、印刷して、プレゼンテーションの練習をするといった手順かなと思います。期間でいうとだいたい1ヶ月くらいの準備をしていたかなと思います。

その中でこうすると良いと言うのを挙げてみます!

 

1. 文字は極力少なく、図を多くと良い

これはポスターを作る上で超基本的なことですが、下の写真のようにポスターの大半を文字が占めているものもチラホラみかけました。

f:id:Snow-Monkey-D-Y:20181218212747g:plain

国際学会は英語が第一言語ではない人もたくさん参加しており、ある程度英語が堪能でも、大量の文章は読むのに苦労をします。

ですので、ポスターの中の文章は簡潔に、図を多く使い、細かい内容は口で直接伝えるようにすると良いでしょう!

 

 

2. ポスターに国旗(国名)を入れると良い

ポスターに所属機関・大学の名前やロゴを入れたりはしますが、それだけではどこの国の人なのか分からない場合もありますので、国旗や国名を入れると良いと思います。

f:id:Snow-Monkey-D-Y:20181218212659g:plain

どこの国かを載せてると、研究内容の興味の他にその国に対する興味で人が来てくれる場合があります。

例えば日本の大学生がどんな感じで研究してるのか知りたいから来ました。と言って来てくれたことがありました。パッとみてタイトルが興味なくても、その国に興味がある人ならば話を聞いてくれる可能性を高めることができるんです。

また、同じ国からの参加者だからと見に来てくれる人もいると思います。

 

3. 発表の原稿を用意するなら、手書きが良い

これは、僕が一番声を大にして言いたい事です。

英語に自信がない人は原稿を作って臨む人が多いと思います。

僕はポスターを作った後に、大方の原稿を作って発表の練習をしていました。最初はWordで作成し印刷したものをみながら暗記しようとしましたが、なかなかいつまでたっても覚えられず、苦戦していました。

そこで、手書きで原稿を作り直したところ、すんなり覚える事ができましたし、発表中に言うことを忘れて原稿をチラ見する際に、思い出す速さが、手書きの方が圧倒的に速いと思います。

これは、個人的な感覚なのかもしれませんが、原稿を作るなら手書きをお勧めします。

f:id:Snow-Monkey-D-Y:20181218212649g:plain

 

4. ポスターは折らずに持ってくと良い

大きいサイズのポスターを運ぶのは大変ですが、折ってしまってはポスターが台無しになってしまいます。

f:id:Snow-Monkey-D-Y:20181218212729g:plain

折らずにもってくためには、下の写真のような筒にまるめいれると便利です。

僕はこれをスーツケースに入れて持って行きました。

f:id:Snow-Monkey-D-Y:20181218214350g:plain

ちなみに、布みたいな材質の紙もあり折っても折り目がつかないものもあるみたいですね。

 

設置編

準備ももちろん大事ですが、設置も気が抜けません。

場所によって、発表のパフォーマンスは大いに変わります。

そんな設置でこうすると良いなと思うのを挙げてみます!

 

1. 配置が早い者勝ちなら、誰よりも早く設置しに行くと良い

設置場所が指定されてる場合はどうしようもありませんが、設置が早い者勝ちなら誰よりも早く現場に行って設置する場所をリサーチするべきです。

早めに行けば実際の場所でポスターを使って説明する練習もできます。

ポスター発表に慣れてない人ほど早めに行って備える事で良いパフォーマンスが発揮できます。

 

2. 照明の位置を考えて設置すると良い

照明の位置を考えて設置することは非常に重要です。

位置によっては照明の影になってポスターが暗くて見づらくなってしまったり、人が前に立つとその人の影でポスターが見づらくなってしまったりすることもあります。

こうなると、文字が読み辛いのもありますし、暗い場所に人はあまり積極的に行こうとしないので、来てくれる人は減ってしまうと思います。

f:id:Snow-Monkey-D-Y:20181218212712g:plain

 

3. 自分の動けるスペースを確保しておくと良い

場所によっては発表者が密集してしまい、自分の場所が狭く、あまり動かないような場合があります。

こうなると、非常にストレスですし、あまり人が来てくれません。

ゆったりとのびのびできる場所を選びましょう。

f:id:Snow-Monkey-D-Y:20181218214341g:plain

 

以上です。

しっかり備えて有意義なポスター発表ができるといいですね。 

IEEE TALE 2018 Wollongong Australia Report4 (4th-day) Social Activities

はじめに

 

国際学会に参加してきたレポートの四日目です。

一日目の記事はこちらです。

snow-monkey-d-y.hatenablog.com

二日目の記事はこちらです。

snow-monkey-d-y.hatenablog.com

三日目の記事はこちらです。

snow-monkey-d-y.hatenablog.com

 

今回は最終日でソーシャルアクティビティのツアーに参加してきました。

その様子を写真と共にお伝えします。

f:id:Snow-Monkey-D-Y:20181212113248j:plain

f:id:Snow-Monkey-D-Y:20181212113717j:plain

こんなバスで移動

 

山と海と街の景色

f:id:Snow-Monkey-D-Y:20181212113643j:plain

街と山と海が見渡せる展望台からの景色です。

 

コアラ・カンガルー・ワラビー

f:id:Snow-Monkey-D-Y:20181212113833j:plain

コアラは20ドルで抱っこできるみたいでしたが、臭いのでやめました。

f:id:Snow-Monkey-D-Y:20181212113851j:plain

カンガルーはゆったりしていて、可愛かったです。

でも、爪が硬くて、結構怖かった・・・

f:id:Snow-Monkey-D-Y:20181212113920j:plain

ワラビーは小さいカンガルーみたいな感じで、実は最初こいつをカンガルーの子供だと思い込んでました笑

 

ピザランチ

f:id:Snow-Monkey-D-Y:20181212114014j:plain

ランチは動物園内でドミノピザ!

 

海!!!

f:id:Snow-Monkey-D-Y:20181212114049j:plain

海!!!

f:id:Snow-Monkey-D-Y:20181212114113j:plain

 

海!!!

f:id:Snow-Monkey-D-Y:20181212114231j:plain

この日は天気も良く海は本当に綺麗でした。

どの写真も無加工で、この青さです。

 

いかがでしたでしょうか?

最終日はソーシャルアクティビティのツアーに参加してきましたが、学会の雰囲気よりもうちょっとカジュアルに参加者とお話しすることができて、とてもよかったです。

 

これまで、連日学会のレポート記事を更新してきましたが、

これで、学会レポートシリーズは終わりです。

ではでは